c0049767_20104711.jpg

見知らぬところに
ほうりだされた兄弟
ここはどこかと
考えるうちに
夜が明け
見知らぬ光景が
目に飛び込んできた
兄弟の心はみるみる
萎縮していった

もうひとりの兄弟
[PR]
by nora8787 | 2005-08-31 20:14 | 0251~0300 | Trackback | Comments(4)

0286 思い出

c0049767_21165438.jpg

彼女はここを
動こうとしない
だって
あの恐怖から
救ってくれた
おじさんの
やさしい
やさしい思い出が
つまった場所だから
無常にも
ここはもうすぐ
撤去されてしまう
[PR]
by nora8787 | 2005-08-29 21:19 | 0251~0300 | Trackback | Comments(7)

0285 拭い去れずに

c0049767_931913.jpg

一生懸命
顔を洗う子
ぬぐっても
ぬぐっても
ここにいる限り
ぬぐえない
それでも
彼は顔をあらう
[PR]
by nora8787 | 2005-08-27 09:05 | 0251~0300 | Trackback | Comments(10)

0284 天使

c0049767_9582094.jpg

恐怖心で登った
木の上でまどろむ
あどけなく
純真な
幼い命
まだ温もりの
恋しい子


一時預かりしていただきました
[PR]
by nora8787 | 2005-08-26 10:06 | 0251~0300 | Trackback | Comments(10)

0283 裏切り

c0049767_7243383.jpg

6匹の家族は
わけもわからないまま
公園に放置された
恐怖に震えて
木の上に逃げた
家族仲良く
暮らしてるときに
誰がこの光景を
想像しただろう


一時預かりしていただきました
[PR]
by nora8787 | 2005-08-25 07:28 | 0251~0300 | Trackback(1) | Comments(15)

0282 歴史

c0049767_23282814.jpg

見つめる瞳は
一瞬で物語る
いなくなった仲間のこと
追いかけられる恐怖
すがりつけない寂しさ
純粋な瞳の子の歴史
[PR]
by nora8787 | 2005-08-23 23:30 | 0251~0300 | Trackback | Comments(8)

0281 生きる

c0049767_1520895.jpg

母の温もりを
感じられず
心穏やかに
生活も許されない
だけれど
生きることの
大切さを
誰よりも知る
それが
公園の子達
[PR]
by nora8787 | 2005-08-22 15:25 | 0251~0300 | Trackback(1) | Comments(14)

0280 なにもできない

c0049767_1573494.jpg

いつも甘えてくる子
あどけなさに
ここでの生活の
大変さが見え隠れする
置き去りにしてゆく辛さ
置き去りにされる辛さ
同じ気持ちをかかえ
時を共有する
[PR]
by nora8787 | 2005-08-19 15:10 | 0251~0300 | Trackback | Comments(22)

0279 独裁者

c0049767_930029.jpg

人は
生きものの世界の
独裁者
弱いものを
踏みつける
これでいいのか
大地に耳して
考える
[PR]
by nora8787 | 2005-08-17 09:33 | 0251~0300 | Trackback | Comments(11)

0278 強いられて

c0049767_1142985.jpg

まだまだ
幼いこの子から
幼い表情が抜け落ち
厳しさがにじみ出てくる
これは
この子の望んだことじゃない
[PR]
by nora8787 | 2005-08-15 01:17 | 0251~0300 | Trackback | Comments(4)

街角の野良猫(のらねこ)の生活をきりぬきます せつなすぎてつらい思いさせましたら おわびいたします コメントは鍵コメ大歓迎です ここの写真の子達ほとんどは里親募集です 声をかけてくださいね