549 忘却

c0049767_1713164.jpg

月日は
嵐のように飛び去った
一日一日は
鉛のように重かった
出会いは少なく
別れはたくさん味わった
あとどれくらいの
時が通り過ぎるのかはわからない
小さな幸せは
体中で受け止める
辛いことは
すこしでも早く忘れるようにする
他の命に妬みももたない
ただまっすぐに
純粋に凛として生きる
命あるものの正しい歩み



 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 猫ブログへ  ブログランキング
家なき猫のこと、みなさんに知ってもらいたくて・・・・・ランキングポチッと・・・・お願いします
[PR]
トラックバックURL : https://nora8787.exblog.jp/tb/5638419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2007-03-02 21:56 x
随分と過酷な半生のようです。
Commented by あきら at 2007-03-02 23:30 x
ハナ、チョビ、カエデ、シロチビ、ウシ、ヨリ目、その他、、、みんな、みんな!お前たちの事!死ぬまで絶対に忘れないよ。皆!もしも、もしも、生まれ代われる事が出来るならば!今度こそ幸せになれるよ!じゃなければこの世に神も仏も無いよ!生まれてから死ぬまで!ただただ!寒く、苦しく、短く、て辛いことばかりの一生だったろうけれどなあ!お前達の死は絶対に無駄にしないからね。いつまでも忘れないよ。大好きだよ(涙)
Commented by 浅葱 at 2007-03-02 23:33 x
純粋に凛として生きる…私もそうありたい。
猫たちのために。ただ 猫たちのために…。
Commented by orangeapricot at 2007-03-03 06:31 x
>裏切ったなら
>もっと真に信じてあげること(前日の詩より)

>別れはたくさん味わった
>あとどれくらいの
>時が通り過ぎるのかはわからない

そして命あるものとして過酷であっても
生きるしかないのですよね。
by nora8787 | 2007-03-02 17:07 | 0501~0550 | Trackback | Comments(4)

街角の野良猫(のらねこ)の生活をきりぬきます せつなすぎてつらい思いさせましたら おわびいたします コメントは鍵コメ大歓迎です ここの写真の子達ほとんどは里親募集です 声をかけてくださいね