0466 鏡

c0049767_232731.jpg

同じ命なのに
なぜ彼は怯えて暮らすのか
彼はぼく
ぼくは彼
怯えて暮らす彼の街
同じ街に暮らすぼくは
やはり怯える
[PR]
トラックバックURL : https://nora8787.exblog.jp/tb/4519667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アンジェ at 2006-09-10 00:50 x
わたしも彼と同じ。人間だけれどおびえてた。それは人を心のそこから信じることができないから。信頼してたのに裏切られる。何度も経験のあること。いつしか心に鎧をつけるようになった。適当に社会生活はこなし、仕事もしているが、人との付き合いは浅い。向こうが、入ってこようとするとわたしが拒絶する。最後の扉は誰にも開けさせない。ただし、その扉にはネコ専用の小さな扉がついている。彼の心の扉にもkochiさん専用の小さなとびらがついていると思う。
Commented by tomo at 2006-09-10 02:00 x
写真を見る度にいつも思っていました。この子たちも、kochiさんには本当の自分を見せている、気持をしっかりと訴えている。しんどくても辛くても、kochiさんの元に歩いてくるし、しっかりと目を見て語りかけている!
アンジェさんのおっしゃるように、kochiさん専用の小さな扉がついているんですね・・・。 信じあえる方に出逢い、その方のお家に迎えられて、そんな扉が増えてほしいです。
Commented by キャッツ・テール at 2006-09-12 10:10 x
はじめまして。
切なくて、切なくて、、そしてごめんね・・。
ウチでは猫を飼っていますが、野良ちゃんのことは
見て、見ぬふりをしていました・・。
見るのが切なくて、でも何も出来なくて、見ぬふりをしていました。
ホントにごめんね。。。
by nora8787 | 2006-09-09 02:05 | 0451~0500 | Trackback | Comments(3)

街角の野良猫(のらねこ)の生活をきりぬきます せつなすぎてつらい思いさせましたら おわびいたします コメントは鍵コメ大歓迎です ここの写真の子達ほとんどは里親募集です 声をかけてくださいね