0453 短かった糸

c0049767_1151021.jpg

人の身勝手に流された
親切だった人に裏切られ
仲間を失い
兄弟の命までもが奪われた
それでも人を信じて
愛をくれた
小さくてかわいい愛
やっと
暖かい愛にちょっとだけふれた
うれしかった
身体いっぱいに喜んだ
感謝を力をふりしぼって現した
そして天へと召されていった
けして特別ではない野良の話
けっして許してはいけない野良の話である




詳細は川島 麟太郎さんのブログで・・・
[PR]
トラックバックURL : https://nora8787.exblog.jp/tb/4196435
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 猫中毒者のすなる猫写真。 at 2006-07-27 10:17
タイトル : http://catmint.blog2.fc2.com..
nora8787さんの「のらにゃん写真集」の糸ちゃんの記事をよむ。 ありひ日のあどけない、かわいい素敵な糸ちゃんの写真が、涙をさそう。 うちのなっちゃんに、どことなく似ていて、目がぐちゃぐちゃだったなっちゃ... more
Commented by 2nd-trumpet at 2006-07-22 01:31
細い、細い細い糸でも残っていてくれて嬉しいです。
少しでも幸せになってほしいです。
もうそんな事ないでほしい。
なにもかも奪わないで欲しい。
私みたいに、なにもかも失ってはいけません。
Commented by junku at 2006-07-22 03:08 x
涙でますね。
Commented by 源十郎 at 2006-07-22 08:15 x
なにかとても切ないですね;;
Commented by 小梅 at 2006-07-22 09:06 x
こんなに小さな天使ちゃんはとてつもなく大きな悲しみを経験し、
ほんの僅かだけ愛を受け、
そして、自分がこの世に残せるだけのありったけの
感謝と愛をこの世の人間達に残して黄泉の国へと旅立つたのですね。
この子がKOCHIさんやそのお仲間さん達を介してこの世に残した、 
感謝と愛の気持ちはとても大きなものだと思います。

この子はどんなに辛い事があっても、心は美しいまま神様の下へ
帰ったのだと思うと、悲しいです。
この世にだってもっとこの子が愛されて、快適に暮らせる家庭が
あって、そして、それを経験して欲しかった。
天使ちゃん、次は幸せな人間の子供に生まれ変わってください。
Commented by JOANNA-hoo at 2006-07-23 15:39
悲しい話です・・・。
でも、せめて最後に愛にふれられたこと、きっとこの子もわかったくれた
と思うのです。それだけが救いです。
Commented by 風になりたい at 2006-07-23 19:26 x
あの町にも、この町にも
我が家の裏にも、近くの公園にも
ビルとビルのほんの少しの隙間にも確かに生きている命
命は平等なのに、なぜ弱いものが犠牲になるのでしょう

無性に悲しくて
辛い・・・
ひとりの人間が(わたしが)出来ることは限界があって
それがまた、なお腹立たしい

人のエゴと身勝手が醜い
Commented by わたがしタンポポ at 2006-07-24 10:41 x
愛がなんなのかわかっただけでも
このネコ君は幸せだったとおもうよ。
Commented by かりすまま at 2006-07-24 15:48 x
そうでしたか。。。。とても悲しいです。。。
あれこれ思いが募り、もう涙も枯れるほどです。。。

最後に温かいぬくもりの中で過ごせたことが唯一の慰めです。

私は先週火曜日の夕方、福岡の繁華街で生後半年ほどの子猫を
保護しました。主人からまたまたものすごく叱られたのですが、、、
どうにか、どうにか、育てていけそうです。

この子の代わりとはならないかもしれないけれど、それぐらいの思いで、精一杯育てて行こうと思います。
2年前に保護した長女ともども、この子の分まで生きてほしいと
強く願っています。

Commented by kyara at 2006-07-25 21:25 x
私の大事な、大事なkyaraが亡くなって9カ月。5月から6月にかけて3匹の仔猫を保護し、新しい家族が増えましたが、悲しみは未だ全く癒えません・・・
丸一週間、悲しくて一切の食事を受け付けませんでした。今でも、彼が亡くなった月曜日は断食しています。川島さんのブログを拝見しましたが、ご心痛を思うと涙が出ます。
私が今生きているのは、お骨になった彼に『絶対帰ってきてね。ここでずっと待ってるからね!!』と約束したからです。
kyaraに逢いたい・逢いたい・逢いたい!!
私が一生懸命生きていれば、必ず、再び逢えると信じています。
耳を塞ぎたくなるような現実ばかりだけれど、私の前にも、猫たちの前にも、同じ『神』と呼ばれる存在が必ずあるはず。
過酷な現実を生きた糸ちゃん。
しばらくのんびりと穏やかな場所で過ごした後には、再び待ち望んでいる人の元に帰ってきてね。
迷わずに、真っ直ぐに帰っておいで。
by nora8787 | 2006-07-22 01:27 | 0451~0500 | Trackback(1) | Comments(9)

街角の野良猫(のらねこ)の生活をきりぬきます せつなすぎてつらい思いさせましたら おわびいたします コメントは鍵コメ大歓迎です ここの写真の子達ほとんどは里親募集です 声をかけてくださいね