「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
by Kochi|
0434 生きていくために
c0049767_17544731.jpg

あどけなく
まだまだ無邪気な
小さな命
側溝に隠れるように住み
生きるために
無邪気もあどけなさも
すてる
けっして自ら選んだ道ではない


1匹だけ保護できました 素敵な家族募集です
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-30 17:57 | 0401~0450 | Trackback | Comments(9)
0433 無常
c0049767_0411151.jpg

みるみる皮膚が痛んできた
母はどうすることもできない
途方にくれる
一定の距離から近づけない
どうしようもなく
無常が支配する
それでも
ぼくを見つけると走りよってくる
じっと見つめるぼくのよこで
大きな声で
きたない猫と笑い飛ばす人
母が聞いたら
この子が聞いたら
詫びるしかない自分がそこにいる
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-30 00:47 | 0401~0450 | Trackback | Comments(8)
0432 地球の一員
c0049767_1342527.jpg

地球は丸い
ぼくの投げた苦しみや哀しみは
君にあたって
ぼくに戻る
君の投げた寂しさや辛さは
ぼくにあたって
君にもどる

君とぼくの投げた
幸せは
ふたりにあたる

そして
みんなにあたる
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-28 13:44 | 0401~0450 | Trackback | Comments(5)
0431 素直な気持ち
c0049767_21151854.jpg

生けるし命を尊び
愛しいものを
素直に愛しいと思う
人は誰しもが持っていた想い
いつ忘れていくのだろう
誰よりも先に優れていくことが
すばらしいのではなく
共に支えあい
前に進むことこそ
輝けること
小さな命は
その純粋な瞳は
そう
叫んでいる
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-26 21:19 | 0401~0450 | Trackback | Comments(4)
0430 語りかける瞳
c0049767_3195998.jpg

語りかけてくる瞳
ぼくは
どれくらい理解できているだろう
ぼくは
どれだけ手をかしてあげられているだろう
ぼくは
どれくらい謝罪できているだろう
ぼくは
君達のきれいな瞳に
いつも
いつも
助けられている
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-23 03:22 | 0401~0450 | Trackback | Comments(16)
0429 ほんのひとときの幸せ
c0049767_22922100.jpg

雨の公園
冷たい空気が覆いかぶさる
辛い立場の君は
それでもぼくに温もりをくれる
ぼくの体温と
君の優しい心
重なり合えば共に暖かい
ほんの一瞬時はとまり
雨ふる音までがあたたかい
どうかこの幸せが永遠のものになりますように

ひととき
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-19 20:19 | 0401~0450 | Trackback(1) | Comments(21)
0428 曇る景色
c0049767_21145429.jpg

哀しいよね
君を見てると涙が出る
寂しいよね
君の兄弟はすでにいない
なぜ
君を救えないのだろう
なぜ
君を包んであげられないのだろう
今日も雨
曇る景色は雨がふるから
曇る景色は人間のエゴのため
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-18 21:18 | 0401~0450 | Trackback | Comments(12)
0427 生きる姿
c0049767_14223872.jpg

よく見つめてほしい
純真で
まっすぐ生きようとする力
奥には
恐怖や不安
そして寂しさを抱えながら
そのすべては人間という生き物に
押し付けられたもの
戸惑っているが
恨んだりなどしていない
同じ生きようとする力を持った
命なのだから
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-13 14:25 | 0401~0450 | Trackback | Comments(8)
0426 残り香
c0049767_1103962.jpg

別れは突然訪れる
いつも同じ時を過ごした
この場所に
彼女の姿はもうみえない
ふっと息を抜き
この場所に座ると
あのときの温もりが
ふっと頬をなでていく
いるはずもない
彼女の姿を追いかけて
ぼくの瞳に写る
初夏の緑がにじんでゆく
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-12 01:13 | 0401~0450 | Trackback | Comments(11)
0425 霧雨
c0049767_0422942.jpg

霧雨の中
足元には
目の開かぬ乳飲み子の
冷たい亡骸がふたつ
なめてみても
暖めてみても
動かないわが子
茂みのなで途方にくれる
小さなときに捨てられて
恐怖に耐え
哀しみに立ちすくむ
霧雨とともに
絶望感が心を支配する
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-05-10 00:48 | 0401~0450 | Trackback | Comments(11)