<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
by Kochi|
0421 後悔
c0049767_2329119.jpg

あと少し
あと少しの時間
たったこれだけのことなのに
こんなに難しい
子を宿した母は
それをまたずに旅立った
お腹に子を宿し
兄弟の子が処分されるのを
目の当たりにして
母はアスファルトの露となった

間に合わなかったこと・・・・
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-04-27 23:40 | 0401~0450 | Trackback | Comments(14)
0420 日陰
c0049767_119523.jpg

陽の優しい季節
彼女は
陽だまりに出られない
のびのびと
優しく身体をほぐすときもない
いつも不安げな瞳
そっと
日陰をつたってここにくる
生きるため
なにかをみつけるため
勇気をだしてここにくる
そして日陰のなかで食事する
日陰で暮らせと誰が強いたのか
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-04-26 01:22 | 0401~0450 | Trackback | Comments(5)
0419 開放
c0049767_21181968.jpg

恐怖と寂しさ
そして
切なさが
瞳の中で同居した
この彼の呪縛を解き放つのは
優しさと温もり
そして

[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-04-22 21:22 | 0401~0450 | Trackback | Comments(4)
0418 ジェラシー
c0049767_13471450.jpg

強いものは強いほど
弱いものに背を向けて
弱いものは弱いほど
弱いものに心を注ぐ
強いものは弱いものに
苛立ちすら感じる
それはきっと
優しい心の持ち主達への
嫉妬
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-04-20 13:50 | 0401~0450 | Trackback | Comments(9)
0417 枯れた涙
c0049767_2324798.jpg

人を信じて
心と命をつなぐ子達
優しい仮面を被った悪魔は
手招きした
吸い寄せられるように
信じて近づいた母猫と
この世の光をまだみぬ子は
悪魔によって葬り去られた
そこには
希望と救いを求めた
無念だけが渦巻いた

修羅の世界
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-04-18 23:38 | 0401~0450 | Trackback | Comments(16)
0416 桜さく美しさ
c0049767_173982.jpg

皮膚の病が
苦しくて辛い
彼はいつもそう言って
悲しい声で叫ぶ
それでも
一生懸命生きる
信じられない人間にも
心開こうと努力した
あたえられた
命を守ろうと
桜さく公園で
彼こそ
桜の似合う美しさ
彼をみてそう想う
人は桜のように綺麗な心を
どこに忘れて
桜を愛でるのだろう

続き・・・・
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-04-18 01:15 | 0401~0450 | Trackback | Comments(6)
0415 雨宿り
c0049767_1352543.jpg

雨の中
独りぽっちで
雨宿り
小さく震える身体は
とまらない
ほんの少しの温もりは
あげられても
永久の温もりには
とどかない
みつめる瞳はみられない
ごめんなさいと
心で詫びた
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-04-11 13:08 | 0401~0450 | Trackback | Comments(6)
0414 底辺
c0049767_223896.jpg

彼はぼくの目の前で
事故にあった
一瞬の出来事
抱いてやると
悲しい声を最後に
旅立った
運転する若い女性は
嗚咽をあげて泣きじゃくる
まだ幸せなほうだ
大半は自分の車のキズを
気にするだけで走り去る
涙して彼の死を悲しむ人がここにいる
そう言い聞かせている自分
そんな底辺の世界
これもいつもの風景
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-04-05 02:29 | 0401~0450 | Trackback | Comments(14)