「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
by Kochi|
0413 繰り返し
c0049767_154278.jpg

ここにきて
何度目の春だろうか
季節は変わり
木枯らしが
春風にかわる
木々が生き生きとし
小鳥が楽しそうにさえずり始める
彼女にはなんのかわりもない
変わったとすれば
一緒に生きてきた子が旅立ったことだけ
さみしくなっただけ
それだけのこと
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-31 15:06 | 0401~0450 | Trackback(1) | Comments(7)
0412 信じあえること
c0049767_22562366.jpg

追い立てられても
蹴られても
人を信じた
一生懸命に
そして
暖かな心と家庭に
めぐり合った
幾人の人たちが
彼女の幸せを願い
手をかしてくださった


保護そして暖かい家庭が見つかりました
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-28 22:56 | 0401~0450 | Trackback | Comments(9)
0411 なくしたもの
c0049767_22132447.jpg

人間の身勝手に
振り回されて
失くしたもの
温もり
安心
未来
穏やかな表情
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-27 22:15 | 0401~0450 | Trackback | Comments(5)
0410 愛してる
c0049767_0215324.jpg

想えば
思うほど
愛せば
あいしてゆくほど
切なくなり
涙がでてくる
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-23 00:23 | 0401~0450 | Trackback | Comments(8)
0409 三寒四温
c0049767_23344050.jpg

まだまだ寒い
風がふく
乗ってきたばかりの車に
飛び乗り暖をとる
心も身体も
温もりをほしがる子達
子猫で温もりを剥ぎ取られ
何年もこうして耐えてきた
しばらくすると
やさしくないて
降りていく
この温もりが
永遠のものでないことは
この子達がよく知っている
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-19 23:38 | 0401~0450 | Trackback(1) | Comments(3)
0408 訴え
c0049767_2152146.jpg

駆け寄ってきて
一気に話す
辛かったこと
寂しかったこと
怖かったこと
そして
少ない時間を過ごす
大切に
大切に
自分の境遇を
いちばん彼女が知っている
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-16 02:17 | 0401~0450 | Trackback | Comments(12)
0407 所有欲
c0049767_2020077.jpg

家なき猫
家にも迎え入れられずに
毎日の食事も保証されない
守ってくれることも
絶え間ない愛情すら受けない
なのに
この子は首輪をつけられた
私のものと主張する人間に
だから
やっぱり
人間が信じられなくなった
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-15 20:22 | 0401~0450 | Trackback | Comments(12)
0406 走馬灯
c0049767_19515778.jpg

瞳は一瞬で語りかける
裏切られたあの日のこと
辛かった日々のこと
悲しかったときのこと
人の残虐なこと
人の無情な様子
命の大切さ
生きることの尊さ
どこまで
受け止めてあげられるだろう
どれくらい
同じおもいでいられるのだろう
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-12 19:55 | 0401~0450 | Trackback | Comments(4)
0405 自分だったら
c0049767_15535337.jpg

いつも
身をかがめて
人目につかないよう歩く
周囲にはいつも警戒し
すれ違う人には見られないようにする
やさしくしてくれる人はいるが
どの人が優しく
どの人が危険なのかわからない
さげすんだ目
汚いようなものをみる目
悪意の瞳がいつも突き刺さる
油断すると生きていくことすら危うい
ぼくだったら
ぼくが彼だったら
耐えられるのかな
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-11 15:58 | 0401~0450 | Trackback(1) | Comments(5)
0404 生きる力
c0049767_20282897.jpg

おそらく
この子は
病気になって捨てられた
生死に関わる病気を背負って
死のふちにまでたち
生きようと努力し
それでも
人を信じ続けた
そして
生きる力を再び手にした
彼女に訪れた暖かい家族
どうか
ほかのこの分までも幸せになってほしい


素敵な里親さんと出会いました
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2006-03-10 20:31 | 0401~0450 | Trackback | Comments(8)