1068 空からな心
c0049767_17524748.jpg

はじめて
目と目があった
瞳は
悲しそうに憂いでいた
瞳は
ぼくから離れなかった
がんばれなんて言えなかった
救ってあげる約束もできなかった
ふりむき
ふりむき茂みに消えて行った
これが最初で最後の出会いとなった
ぼくは
空からな心で天を仰いだ







ポストカードネット販売いたします
ご支援のお願い

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 猫ブログへ  ブログランキング 人気ブログランキング
家なき猫のこと、みなさんに知ってもらいたくて・・・・・ランキングポチッと・・・・お願いします




現在 エキサイトブログ無料でつかわさせていただいているがゆえ
7月1日から広告がはいりました
表示されているように当ブログとしては不適切な広告のため
現在移転もしくは有料化を考えています
しばらくご不快かと思いますがご了承ください








茂みにいるのはわかっていたが
いつも姿は見えなかった
昨日突然
大きな声でぼくを呼んだ
いつも姿すら見せなかったのに
寂しげに仁王立ちになっていた
はじめて姿を写真に収めた
辛くて数枚しか撮れなかった
訴えるような瞳はずっとぼくから離れなかった
でも時間だけがすぎ
やがてふりむきふりむきこの瞳は茂みへと消えた


そして今日
この命は天に召された

c0049767_1825314.jpg


金網の向こうは閉ざされていた
急いで管理人さんにお願いして鍵を開けてもらった
抱き上げた時は息があった
でも抱き上げると同時にすーっとこと切れた

c0049767_185167.jpg


c0049767_185319.jpg


ぼくにはなにもできない
手持ちの資金も乏しく
弔いも続けてなどできなかった
いや
まして昨日この命は助けを求めてきた
でもぼくは今資金の募集もできず
評判も悪い
誤解とぼくの私生活の悪さ風評
保護できたのにしなかった
躊躇した
いや
逃げたんだと思う
あの悲しそうに去って行く姿が脳裏から離れない
大金持ちでもなく
自分自身がどう生きていいのかわからない
こんな自分が命と触れることじたいが大間違いなのだろう

花も手向けてやれない
気の利いた言葉もかけられず
土にかえってもらった


張り裂けそうだ
自分自身を
身体を心を切り刻みたいおもいに満ちあふれている

c0049767_18124110.jpg

[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2013-08-31 18:13 | 1051〜1100 | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://nora8787.exblog.jp/tb/20682980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ねねこ at 2013-08-31 21:11 x
なぜ・・・なぜこんな悲しい出来事が立て続けに起こるのでしょう?
そんなに衰弱しているようにも見えないこの仔は
なぜ突然逝ってしまったのでしょうか?
哀しい、悔しい出来事ですが、どうかご自身を責めないでください。
Commented by okaka at 2013-08-31 22:33 x
待っていたんですよ。
こうじさんの腕の中で眠りにつきたいと・・・。
一人ぼっちで命を落とすより、
暖かい腕の中で逝く事ができる。
小さい 小さいこの子が
切に願った事だと思います。

Commented by tomo-so_ko at 2013-08-31 23:17
ただ謝る事しか出来ないです。。。
まずは自分の身辺から…と思っているので中々遠いところまで
手が届きません。私も猫との切欠を作った子がある日助けを求めて
来たのに応じる手立てがまだ分からずその子は姿を消してしまいました。
その日以来私の心の中にその子が棲みついてもう9年になります。
この子は中川さんの温かな手を待っていたのですね。
本当に小さい子の死は悲しいです。最期を看取って下さって有難う
ございます。
Commented by masami at 2013-08-31 23:41 x
泣いてるようにも見える、甘えたがっているようにも見える、すがっているようにも見える、“生きたい生きたい”と、願っているようにも見える・・・この子の気持ちが痛いほど伝わってくる写真ですね。中川こうじさんだから撮れた、魂のこもった写真ですね。儚く散った悲しい命だけれど、この子が生きた証しをこんなにも愛おしく美しく残してくださって、ありがとう・・・心より感謝いたします。
Commented by ゆきだるま at 2013-09-01 00:12 x
この子も虐待ですか・・・
どうして死んでしまったのでしょう。

まーだ生まれて長くないのでしょうね
Commented at 2013-09-01 01:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かぎしっぽ at 2013-09-01 01:57 x
今まで出逢ってきたネコさんたちは、1匹たりとも中川さんを責めるために存在していたワケではないと思います。。。

最後を看取ってもらえた仔猫さんは幸せだったと思います。
Commented at 2013-09-02 01:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-09-02 01:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by riemusik2 at 2013-09-02 01:33
こんにちは。

ネコさんの目、とても悲しそうです。
見ていると涙が出てきそうになります。

お空では神様のもとで、他のネコさんたちと一緒に元気に楽しく暮らしてくれていることを願います。
Commented by nora8787 at 2013-09-02 01:34
鍵コメさま

ありがとうございます
心から感謝です
Commented by nora8787 at 2013-09-02 01:35
みなさん
暖かいお言葉心にしっかりと受け止めます

このこのために涙してくださった方々に
心より感謝です
ありがとうございます
Commented at 2013-09-02 10:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nora8787 at 2013-09-02 10:53
鍵コメさま

不甲斐ないのですが
本当にありがとうございます
救われる思いです
Commented by 良恵 at 2013-09-02 23:24 x
この写真でみんなの心にこの子が残る。それが、せめてもの救い。この子が生きたてた、証。私事ですが、8月11日午前2時半に、河川敷育ちの三兄弟のなかの福太郎が星に成りました。生まれ日詳しく分かりませんが、まだ二歳半ぐらい。家族に成って、今月の5日で丸二年でした。最後を看取ること、できました。息を引き取る前、もう鳴けなく為って、家の子に成って良かったかて、福太郎が子供に成ってくれて。良かったよて。また、必ず家族に成ろうて。話し掛けたら。しっぽ振ってくれました。
Commented by ソルッチ at 2013-09-10 12:46 x
空を仰いだ中川さんのお気持ち、察するにあまりあります。

この子、7月にわが子になったミントにそっくりです。
大きさもこれくらい、柄もよく似ています。
その日も、別の猫さんの亡骸を見たばかりでした。
躊躇しましたが、置いては行けなかった。

でも、状況が違えば、きっと中川さんと同じように
空を仰ぐしかなかったでしょう。


全ては救えない。。。

わかってはいても、辛すぎますね。


この子の分も、ミントにを幸せにします。
Commented by koko at 2013-09-18 17:43 x
天に召されるその瞬間は暖かい腕の中だったのはせめてもの救いでした。きっとこの子は待ってました。忘れないでいることでこの子が受けるはずだった愛情やぬくもりを送り届けたい。
<< 1069 雨宿り 1067 記録 >>