901 誇り
c0049767_20335194.jpg

君の足は大地を感じない
でもね
だれよりも生きる力がある
その誇らしげな姿は
すべての命に勇気をもたらす
君の身体は半分動かない
でもね
心すら動かない人間たちより
はるかに美しく
偉大だ




(撮影地 サイパン)


 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 猫ブログへ  ブログランキング 人気ブログランキング
家なき猫のこと、みなさんに知ってもらいたくて・・・・・ランキングポチッと・・・・お願いします



太平洋戦争中
サイパンは激戦地へと変わる
たくさんの命が理不尽に散ってゆく
バンザイクリフ
驚くほど群青の海に身を投げる命があった・・・・
そんななか
この命に偶然出会った
彼の足は先天的なものでか麻痺をしていた
最初こそ警戒をしたが話しかけると徐々に心を許してくれるてゆくようだった
そして自分の姿をすべて見てくれといわんばかりに

c0049767_21443866.jpg


c0049767_21451092.jpg


歩いてみせる

彼には兄弟がいた
自分も遊びたいから駆け回るのだけれど
ときおり心配なのか様子を見に来る姿が愛おしかった

c0049767_21471257.jpg


そして彼らを見守る人たちがいた
サイパンでも正直あまり裕福ではない地域
でもその人は言った
「私たちの生活が苦しくとも
彼らを見捨てたりはしないわ
わたしたちと同じ命よ
わたしはそんな命を愛しているから」と輝く笑顔で答えてくれた

彼はそれをしってか穏やかな顔をする

c0049767_21521987.jpg


きっと
彼はこう言っている
「ほら ぼくは幸せでしょ だからこれからもみんなのためにも生きているよ」と
[PR]
by Kochi| by nora8787 | 2010-02-06 20:38 | 0901〜0950 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://nora8787.exblog.jp/tb/13670822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kkagayaki at 2010-02-06 23:34
心配でした。
いずれ、不幸な死に方をするんじゃないかと。

面倒を見てくれてるんですね。
サイパンの人たち、ありがとう!
Commented by 雪乃丞 at 2010-02-07 00:36 x
見守られているのですね。安心しました。
とっても寒い一日でしたが
心がホッコリしました。
Commented by サチのパパ at 2010-02-07 00:44 x
優しさに出遭えた命
本当にありがとう
Commented by 11匹の捨て猫の母 at 2010-02-07 14:23 x
いつもこのHPを見るたび、胸が苦しくなります・・・
でも、野良猫達を見守ってくれてるkochiさんはとても勇気がある方だとおもいます。
いつまでも野良猫ちゃんたちを撮り続けて下さい。
私も拾っていた子達を最後まで幸せにしたいと思います。
いつも応援してます。
本は購入させていただきまわりの方にも見ていただいてます。
これからもがんばってください!!
Commented by アトム at 2010-02-07 23:49 x
なんて凛々しい顔なんだろう
僕?は野良猫「えっへん」て聞こえてきそうです。
胸をはって生きてね
Commented by エマママ at 2010-02-08 10:21 x
ありがとう。これこそ、理想の国ですね。サイパンの方達ありがとう。
Commented by cassie at 2010-02-08 10:41 x
なんていい表情をしてるんでしょう。
いつも、辛い写真が多いけどこんな写真は本当にうれしいです。
日本でも、どこでも、みんながこんな表情で生きていけたらどんなにいいでしょう。
Commented by るい at 2010-02-10 15:41 x
不便だけど不幸ではない。
幸せな環境で生きていけて何よりです
Commented by at 2010-02-10 19:03 x
日本人は皆甘ったれた環境で育ちすぎて、
底に落ちると云う事を知らない人たちが増えた。
中途半端な苦しみで、戦おうともせず社会に飲み込まれ
諦める事も大切だ、などと嘆く。
戦う人間をあざ笑って、自身の弱みを隠す。
自身を大切にしすぎるあまり、優しい心を持つ人間が
減ったのかもしれない。

私も底へ落ちた事のない人間だったら、
きっとそこらにいる猫の命になど関心を持つ人間にならなかった。

猫だけでなく・・・”他人に無関心な日本人”に、
己の知らぬうちに、なっていたでしょう。
だからって”不幸”にならなければ、人間は優しくなれないのか??
それは違う。

自身以外の人間にやさしくできない人間は、努力を怠っている。
あるいは他を理解しようとする能力が欠如している、
またはその力を誰かに奪われているのかもしれない。
他を思いやるとは、努力が必要でとても辛く苦しい事です。

それでも、辛さから逃げずに他を思いやる人間がいるのはなぜか?
それは心の底で答えを見つけているからだ。
この世から思いやりを奪えば、私達は全てを無くす、と。
<< 902 命ある限り 900 罪なき命の叫び >>